BBクリームは肌荒れしやすいってホント?

BBクリームは肌荒れしやすいってホント?

BBクリームランキング

時短メイクができるからBBクリームを使い始めたけれど、荒れしやすいっていう口コミを見てしまったら使うのが不安になったりしますよね。

 

確かに含まれる成分が合わなくて肌荒れする人もいます。でもそれはすべての化粧品アイテムに言えることなので、BBクリームを使う前に自分に合わない成分を使っていないかどうかをチェックしてください。

 

これは怪しいと思った成分を見つけたらそのBBクリームは使わないようにしましょう。
地道に成分チェックをして自分にあったBBクリームを見つけ出しましょう。


BBクリームのあの成分が肌荒れの原因かも

BBクリームを使用して肌が荒れたり、ニキビが悪化してしまったという方もいます。BBクリームには美容成分も含まれていますが、その一方では様々な化合物も含まれています。

 

しかし、これは品質を保持したり、クリームの機能性を高めるためにはどうしても必要なものですので、そう簡単に成分から排除することはできないのが現状です。

BBクリームランキング

肌荒れを起こす原因として考えられる主な物質としては、まずは保存料として使われているパラベンが挙げられます。

 

パラベンはトラブルを起こしている状態の肌や敏感肌にとっては刺激になってしまうため、肌荒れを起こす原因となります。

 

また、BBクリームは水分と油分を混ぜ合わせやすくするために合成界面活性剤が使用されていますので、これも刺激が強く、ニキビ等をを悪化させる原因になります。

 

そして、もう一つは紫外線吸収剤。これは紫外線を取り込んで化学反応を起こし、肌に感じるレベルではありませんが、その化学反応で熱を放出させます。化学反応を起こして変性した物質が肌にとって刺激になる場合もあります。

 

紫外線防止のための物質で紫外線散乱剤というものもあるのですが、これは肌への刺激は少ないものの、白浮きを起こし、伸びが悪く、汗にも弱いためという弱点があるため、紫外線吸収剤の方が使用されているといった状況です。

肌荒れしやすい人が選ぶBBクリームは?

宣伝で品質の良さをアピールされ、口コミなどで高い評価を受けている人気商品であったとしても、肌荒れしやすい人にとってはあまり良くなかったというケースがあります。

 

肌が悪影響を受ける成分には、人それぞれ違いがありますので、試してみなければわからないのが現実ですが、BBクリームを選ぶポイントとして「低刺激性」のものを選ぶことが第一と言えます。

 

肌荒れの主な原因はBBクリームに含まれる化合物と考えられるので、まずは製品の成分表示を確認することが大切です。

 

代表的な物質はパラベン(別名でパラオキシ安息香酸エステル)で、これは肌荒れやアレルギーを起こす可能性があるため、添加されている製品には必ず表示されていますので確認ができます。

 

また、紫外線吸収剤としてよく成分表示に見られるものは、メトキシケイヒ酸エチルヘキシルや、ジエチルアミノヒドリキシベンゾイル安息香酸などで、合成界面活性剤では、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムなどがあります。

 

最近では、BBクリームに含まれている化合物の肌への影響を考慮し、パラベン、合成界面活性剤、紫外線吸収剤を不使用とする製品も増えてきています。

 

肌荒れしやすい人は、成分表示を確認しながら、これらの化合物の使用をなるだけ抑えたBBクリームを選ぶようにしましょう。

 

BBクリームランキング