BBクリームに下地は必要?

BBクリームに下地は必要?

BBクリームランキング

BBクリームは下地や日焼け止めの効果もあるオールインワンタイプのものがほとんどなので、いきなりBBクリームをつけてそのままにしている人も多いですよね。

 

でも肌の負担を考えたらやっぱり下地をちゃんと塗っておいたほうがいいのかって迷いが出ます。
また下地クリームを塗っておいたほうが化粧崩れしにくい場合もあります。

 

特に皮脂の多い人は皮脂を吸着してくれるタイプの下地を使ったほうがいいかもしれませんね。


BBクリームに日焼け止めは必要?

日焼け止めの成分が入っていないBBクリームですと、紫外線対策のためにはまず日焼け止めを塗ってからBBクリームを使用したほうがいいですよ。

 

しかし、大半のBBクリームには日焼け止めの成分が入っています。その成分が入っているかどうかは、容器にSPF・PAの表示で確認することができますのでパッケージをよく確認してみてください。

 

SPFは、日光を浴びることよって肌が赤くなったり水膨れができる原因となる「紫外線B波」の防止効果を表し、PAは、波長が長い紫外線で肌の深部に到達して少しずつ肌に影響を及ぼす「紫外線A波」の防止効果を表します。

BBクリームランキング

BBクリームの容器にこの2つの表記があれば、日焼け止めの効果があるということなので、基本的には日焼け止めを塗る必要は無いと考えて良いです。

 

しかし、BBクリームを塗った後、時間の経過皮脂・汗、湿気などで化粧崩れを起こしてしまい、化粧直しができないまま放ってしまえば日焼けをしてしまう可能性が高くなります。

 

かと言って、BBクリームだけで紫外線から肌をカバーしようとして厚塗りしてしまえばベースメイクがもったりとした仕上がりになり、油分が多くなることでちょっと触れただけでヨレてしまうなど、化粧崩れも早く起きてしまいます。

 

このようなトラブルを防ぐためには、日焼け止めを塗ってから適量のBBクリームを重ねる感覚で塗ることが有効ですね。

崩れにくいBBクリームの塗り方

「BBクリームを塗ると、脂っぽくなって化粧崩れしてしまう」といった悩みを持っている方もいらっしゃいます。

 

化粧崩れを防いでベストな状態を長くキープするための大切なポイントは、まず、BBクリームの使用量にあります。

 

化粧崩れの主な原因は油分が多くなりすぎることです。

 

BBクリームの使用量の目安は製品によって違いはありますが、一般的な目安量はパール大(真珠の粒の大きさ)です。
塗るときにはチューブから指先に直接出しながらではなく、まずは手の甲にパール大の量を出してみましょう。

 

その量を、額・両頬・鼻筋・顎の上へ分けて置きます。額の分は額の中央から生え際へ向かって伸ばし、両頬の分は顔の中心部に近い方から外側に向けて伸ばします。

 

顎の分は下向きに伸ばし、鼻筋の分は小鼻へかけて下向きに伸ばします。
目元や口の周りはよく動く場所で、多くつけるとヨレてしまいやすいので、指についている残りのクリームを薄く伸ばす程度で十分です。

 

一通り伸ばし終えたら、スポンジを使って軽く押さえながら全体をなじませます。
これによって余分な皮脂を取ることができ、化粧崩れを防いでくれます

 

また、指塗りでできた細い線やムラを消し、フェイスラインにできやすい色味の差をぼかすことで目立たなくさせますので、より綺麗な仕上がりになりますよ。

 

BBクリームランキング