BBクリームのあとに何を使っていますか?

BBクリームのあとに何を使っていますか?

BBクリームランキング

BBクリームのあとに使うものとしてはパウダーファンデーションフェイスパウダーが一般的です。

 

それぞれにメリットデメリットがあるので自分の使いやすい方を選んでみてください。


BBクリームのあとはパウダーファンデション派

パウダーファンデーションは色味がしっかりとしていてカバー力がありますので、ベースメイクをしっかりしたい方、肌の赤み、シミ・ソバカスを全体的にカバーしたい方は、ファンデーションの機能も備えているBBクリームとの重ね使いで更にカバー力をアップさせることができます。

 

パウダーファンデーションには皮脂を吸収して化粧崩れを防ぐ機能もあるのですが、パウダーファンデーション自体の油分量はフェイスパウダーに比べると多くなります。

 

油分や美容液などの保湿成分が既に含まれているBBクリームの上からパウダーファンデーションを使用する場合は、つける量・つけ方に注意が必要です。

 

カバー力を上げたいがために、BBクリームとパウダーファンデーションのどちらも多くつけすぎると、厚ぼったくなり、顔と首の色味の違いが強調されてとても不自然な仕上がりになってしまいます。

 

そのうえ、肌の上に油分が多くなり過ぎてしまうため、メイク直後からベタつきが気になり始めたり、化粧崩れも起こりやすくなります

 

そのため、BBクリームは化粧下地の感覚で使用し、その上からパウダーファンデーションをパフではなくパウダーブラシを使って軽く乗せることにより、厚塗りを防いでより自然な仕上がりになります。

BBクリームのあとはフェイスパウダー派

BBクリームランキング

フェイスパウダーは皮脂や油分・水分の吸収力が高く、BBクリームの上に使用することでサラサラとした仕上がりを長く保てますので、皮脂が多い方、汗をかきやすい方、また、湿度の高い日にもおすすめです。

 

フェイスパウダーは、ベースメイクの仕上げ用として作られている製品であるため、色味は弱めで、パウダーファンデーションほどのカバー力はありませんが、昔に比べると現在では色のバラエティーも豊富です。

 

素肌とBBクリームによってできた肌の色味を活かせるフェイスパウダーを選んで使うと、より自然な仕上がりにとなります。

 

フェイスパウダーの種類によって肌の仕上がりに違いがあります。ツヤのある肌に仕上げたい場合はパール入りのタイプを、きめ細かい肌に仕上げたい場合はパールが入っていないタイプを選ぶと良いですね。

 

フェイスパウダーは光を反射・拡散させることで肌をより明るく見せ、透明感のある肌を作ってくれますので、肌のくすみが気になる方の使用にも向いています。

 

肌自体に特にカバーしなければならないほどの悩みが無くても、BBクリームを塗った後に毛穴や小じわの目立ちが気になる方は、粒子の細かいフェイスパウダーを上からつけることで目立たなくさせることもできます。

 

BBクリームランキング