BBクリームのおすすめランキング

BBクリームおすすめランキング

BBクリームは時短メイクに必須のメイクアイテムです。これ1本であなたの肌の悩みを全部解決してくれるという大人気優れものベースメイクです。一度使うとその手軽さにリピーター購入者となる人が多いですね。私も絶賛愛用中です。

 

BBクリームには複数のアイテムが合わさった効果があるので、コスパも最強!メイク時間が短縮できて、手早い仕上りの満足度も評判のいい製品が多いので、まだ使ったことがない人にはぜひチャレンジする価値ありです。

 

BBクリームを探しているあなたにおすすめの商品をランキングにしてみました。どれも甲乙つけがたい特徴のある口コミでも高評価のアイテムです。
このランキングがあなたの迷いを吹き飛ばしてくれますように…。

 

【マナラのBBリキッドバーのいいところ】

  1. 日焼け止め・美容液・下地・コンシーラー・ファンデーション・コントロールカラーの1本6役
  2. SPF35・PA+++の日焼け止め効果
  3. 標準・明るめの全2色
  4. 7つの無添加(タール系色素・合成香料・鉱物油・石油系界面活性剤・エタノール・パラベン・紫外線吸収剤を使っていません)
  5. 使用期間の目安:約3~4ヶ月
  6. 45日間全額返金保証付き
  7. 到着後8日以内なら色交換OK
単品価格 初回限定価格 2,937円(税込・送料無料)
通常価格の20%OFF
プレゼント スポンジ&スキンケアセット

BBクリーム

全成分
イソノナン酸イソトリデシル、酸化チタン、ジメチコン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、酸化亜鉛、ラウロイルリシン、ポリエチレン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、トリエチルヘキサノイン、合成ワックス、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、ポリメチルシルセスキオキサン、シリカ、ヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸 、アセチルヒアルロン酸Na、セラミド3、セラミド6Ⅱ、セラミド2、加水分解コラーゲン、プエラリアミリフィカ根エキス、ダイズ種子エキス、メマツヨイグサ種子エキス、セイヨウトチノキ種子エキス  、ザクロ果実エキス 、3-O-エチルアスコルビン酸、α-アルブチン、アルブチン 、ジパルミチン酸アスコルビル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na 、アーチチョーク葉エキス、グリセリン、ベヘニルアルコール、水、BG、シア脂、マイカ、グリチルレチン酸ステアリル、トコフェロール、含水シリカ、キャンデリラロウ、ペンチレングリコール、酢酸ステアリン酸スクロース、ハイドロゲンジメチコン 、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、イソステアリン酸フィトステリル、酸化鉄(+/-)、水酸化Al

マナラのBBリキッドバー公式サイトはこちら

http://www.manara.jp/

 


【アテニアのBBクリームのいいところ】

  1. 美容液・UVケア・下地・ライトメイク・コンシーラー・華色の1本6役
  2. SPF30・PA+++の日焼け止め効果
  3. 大人の女性に選ばれる明るい華色肌
  4. ナチュラル・ライトの全2色
  5. 無香料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー、紫外線吸収剤不使用
  6. 使用期間の目安:約2~3ヶ月
  7. アテニア初めての方限定特別価格あり
単品価格 初めての方限定価格 2000円(税込・送料無料)
プレゼント アテニアのオイルクレンジング
スキンクリアクレンズオイル30ml(10日分)

BBクリーム

ナチュラルの全成分
水、シクロペンタシロキサン、酸化チタン、ジフェニルシロキシフェニルトリメチコン、トリエチルヘキサノイン、PEG-9ポリジメチルシロキシエチルジメチコン、ペンチレングリコール、BG、ジステアルジモニウムヘクトライト、セチルPEG/PPG-10/1ジメチコン、ジメチコン、水溶性コラーゲン、アセチルヒアルロン酸Na、シラン根エキス、アルゲエキス、シリカ、マイカ、キサンタンガムクロスポリマー、ヒドロキシエチルセルロース、炭酸水素Na、塩化Na、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、(HDI/トリメチロールヘキシルラクトン)クロスポリマー、トリメチルシロキシケイ酸、(ビニルジメチコン/メチコンシルセスキオキサン)クロスポリマー、合成フルオロフロゴパイト、トリベヘニン、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トコフェロール、シリル化シリカ、水酸化Al、タルク、ステアリン酸、ハイドロゲンジメチコン、フェノキシエタノール、酸化鉄

アテニアのBBクリーム公式サイトはこちら

http://www.attenir.co.jp/

 

【ディセンシア(decencia)のアヤナスASBBクリーム】

  1. 外部刺激ブロック・保湿・化粧下地・UVカット・エイジングケア・薄化粧・毛穴補正の1本7役
  2. SPF25・PA+++の日焼け止め効果
  3. 紫外線吸収剤フリー
  4. POLAオルビスグループの敏感肌専用ブランド
  5. 使用期間の目安:約5~6か月
  6. 30日以内返品・交換OK
単品価格 期間限定特別価格 3,800円(税込・送料無料)
プレゼント アヤナスの化粧品と乳液のサンプル

BBクリーム

全成分
シクロペンタシロキサン、グリセリン、水、酸化チタン、トリエチルヘキサノイン、BG、PEG-10ジメチコン、ジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、タルク、酸化鉄、アルギン酸硫酸Na、コウキエキス、セラミド2、ヒアルロン酸Na、ポリHEMAグルコシド、グリチルリチン酸2K、フィトステロールズ、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、オルメニスミクスタ花水、トコフェロール、セタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トリメトキシシリルジメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸、ステアリン酸スクロース、パルミチン酸スクロース、パルミチン酸デキストリン、ポリグリセリル-3ジシロキサンジメチコン、オレイン酸ポリグリセリル-2、メタクリル酸メチルクロスポリマー、水酸化Al、硫酸Mg、(アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー、シリカ、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

ディセンシアのアヤナスASBBクリーム公式サイトはこちら

https://www.decencia.co.jp/

番外編:BBクリームとCCクリームが一緒になりました

BBクリームとCCクリームのどちらがいいのかと迷っている方に朗報です。

 

BBクリームのカバー力とCCクリームの薄付き感透明感の両方を手に入れることができるラウディのBB&CCクリームをご存知ですか?

 

双方のいいとこ取りをしたこのBB&CCクリームなら、あなたの肌の悩み・トラブルを軽やかに吹き飛ばしてくれますよ。

 

【ラウディのBB&CCクリームのいいところ】

  • 乳液・美容液・クリーム・日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラーの1本7役
  • 驚きのカバー力
  • 薄付きでナチュラル仕上げ
  • 12時間キープの持続力
  • SPF35・PA+++の日焼け止め効果
  • 無添加処方(紫外線吸収剤・鉱物油・タール系色素・パラベン・着色料・合成香料を使っていません)
  • アレルギーテスト済み
  • 無酸化発想で選びぬいた5種の植物成分
  • 2つのヒト型美容成分
  • 30日間全額返金保証

ラウディのBB&CCクリームは全2色
ナチュラルベージュ(ナチュラル仕上げ)
クリアグレージュ(美白肌仕上げ)

お試し定期コース 初回半額1,400円(税別)送料無料
2回目以降は2,240円(税別)
特典 専用化粧パフ
2回目以降色変更可能

BBクリーム

全成分
水、トリエチルヘキサノイン、グリセリン、BG、イソステアリン酸、リンゴ酸ジイソステアリル、トリエトキシカプリリルシラン、ヒアルロン酸Na、サクシノイルアテロコラーゲン、セラミドNS、セラミドNP,セラミドAP、セラミドEOP、セラミドEOS、グルコシルセラミド、シラン根エキス、ダマスクバラ花水、ビルベリー葉エキス、サクラ葉エキス、カミツレ花エキス、ローマカミツレ花エキス、セイヨウオトギリソウ花 / 葉 / 茎エキス、フユボダイジュ花エキス、トウキンセンカ花エキス、ヤグルマギク花エキス、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、ナツメ果実エキス、クダモノトケイソウ果実エキス、プルーン分解物、カプロオイルフィトスフィンゴシン、カプロオイルスフィンゴシン、コレステロール、遺伝子組換カイコヒト遺伝子組換ポリペプチド-47、α-グルカン、キサンタンガム、カルボマー、セタノール、水酸化K、ベヘン酸、セテアレス-25、含水シリカ、シリカ、ペンチレングリコール、フェノキシエタノール、酸化チタン、酸化鉄、水酸化AL

BB&CCクリーム公式サイトはこちら

http://laudi.jp/

BBクリームとCCクリームの違いは?

BBクリーム ランキング

BBクリームが発売されたあとになりますが、今度はCCクリームと呼ばれるアイテムが現れました。

 

BBとCCなので関係のあるモノのように思われがちですが、それぞれ果たす役割は異なります

 

BBクリームとは?

BBはBlemish Balm(ブレミッシュバルム)の頭文字を取ったもので、「傷跡を修復する軟膏」という意味があります。
BBクリームと言えば韓国が発祥の地と思われがちですが、実はドイツが原点になっています。美容研究家のIKKOさんが韓国産のBBクリームを雑誌等で紹介したことから日本でも韓国コスメの人気に火がつきました。

BBクリームの歴史

BBクリームは日焼け止め+化粧下地+ファンデーションの3つの役割が基本となっていて、それに美容液、コンシーラーなどの役割が加わることもあります。

 

要するにオールインワンになっているベースメイクアイテムですね。これさえあればあとは上にパウダーをはたくだけで、ベースメイクがちゃんとできあがります。

 

元々が傷の修正を目的として開発されたクリームなので、肌の凸凹を滑らかにする機能はすごいので、年齢とともに気になる毛穴ケアやしわたるみといったエイジングケアにも最適です。

 

オールインワンだからBBクリームを使うことによってメイクタイムを縮小できます。一分一秒が惜しい朝に時短メイクできることから、多くの女性に御用達愛用されているアイテムです。

 

BBクリームはこんな方におすすめです。

BBクリーム ランキング

BBクリームにはカバー力があるものが多いので、きちっとした美しい仕上がり感を求める人なら納得の商品でしょう。

 

今までリキッドファンデーションやクリームファンデーションを使っていた人なら、抵抗なく使えるテクスチャーです。

 

パウダーファンデーションしか使ったことがない人は、BBクリームのみずみずしいしっとりとした仕上がりにびっくりするかもしれませんがすぐに慣れます。その仕上がりの良さを実感したらもう今までのパウダーファンデーションには戻れなくなりますよ。

 

またカバー力が高いBBクリームの特徴を活かして、シミやそばかす・ニキビ跡のデコボコが目立つので気になる人は、それらの自然なアラ隠しができます。

 

CCクリームとは?

CCはColor Control(コントロールカラー)あるいはColor Conditioning(カラーコンディショニング)などの頭文字を取ったものと言われています。BBクリームほどきちんとした由来はありません。それらの共通する意味としては色を補正することがあげられます。

 

BBクリームと比較すると肌の色味補正の役割が強いので、CCクリームの上にファンデーションを併用する人もいます。

 

CCクリームはこんな方におすすめです。

BBクリーム ランキング

CCクリームは肌の気になるくすみを整えてくれるので、素肌感を大切にする人におすすめです。

 

またファンデーションは苦手だけれど、肌をきれいに見せたいというナチュラルメイク志向の方にも人気があります。

 

休みの日のちょっとご近所に行くくらいならCCクリームだけで大丈夫と愛用する人もいます。

BBクリームの崩れない塗り方のコツは?

BBクリーム ランキング

BBクリームはこれ一本で日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの役割を果たしてくれるので、簡単に使える時短コスメアイテムの決定版です。

 

ただ塗り方を間違えてしまうとムラだらけの厚塗りになってしまいがちです。目指していたカバー力のあるナチュラルな感じとは程遠い仕上がりになってしまいます。

 

それではせっかくのお手軽なアイテムが逆に崩れなどの足手まといになってしまいますよね。BBクリームの特徴を活かして美肌に仕上げるために正しい使い方をマスターしましょう。

 

BBクリームの適切な量ってどれくらい?

厚ぼったい厚塗り化粧になる原因はBBクリームの量が足りなかったり、多すぎたりと適切な使用量を使っていないことにあります。

 

適切な量はブランドや各種商品によって異なりますが、一般的にはパール粒くらいの大きさで十分なのです。

 

BBクリーム初心者の方は最初は少な目な量から始めるようにしてくださいね。顔全体に伸ばしたら、特に気になる部分、シミや毛穴などはピンポイントで重ねつけしてみてください。少量を指先でトントンとなじませるようにフィットさせます。そうすれば納得のいく仕上がりになるはずです。

 

BBクリームを初めて使う時には、自分にあった正しい分量を把握するところから始めてみましょう。

 

最初はそれぞれのBBクリームが推奨する量を使ってみて、少しずつ自分の肌に合うように増やしたり減らしたりして適量を見つけましょう。

 

そして仕上がりはできれば、家族や知人にチェックしてもらうといいですよ。自分ではちょうどいいと思っていても、他人の目から見るとは多すぎたり少なすぎたりするものです。客観的に判断してもらうと自信を持ってその分量を使っていけますよね。

 

BBクリームを塗る前に気をつけること

BBクリーム ランキング

BBクリームを塗る前には、基礎化粧品で肌を整えておく必要があります。

 

洗顔後すぐにBBクリームを塗るのはちょっと乱暴ですよ。洗顔後はブースター(導入美容液)を使っている人はブースターをなじませてから化粧水をコットンでパッティングします。

 

その後に乳液をつけるかどうかは、BBクリームにどれくらいの役割があるかによって変わってきます。すでに乳液の役目もしているBBクリームなら改めて乳液を使う必要はないですよね。

 

また肌質によってもBBクリームの前に何を使うかは変わってきます。乾燥肌の人ならBBクリームに乳液の役目があっても、別に乳液を使ったほうが落ち着く場合もあるでしょう。

 

肌質以外にも季節の要因も関係してきます。夏のメイクと冬のメイクアップの方法は、根本的に違いますよね。空気の乾燥だったり、逆に湿度などそれぞれの季節に応じてどの基礎化粧品を組み合わせるかは変わってくるので、試行錯誤をして自分にとってベストな状態を作れるようにしてくださいね。

BBクリームと下地の関係

 

BBクリームがよれる原因はなに?

BBクリーム ランキング

BBクリームは時短メイクに最適のアイテムなのですが、うまく皮膚に乗らなくてよれてしまうことがあります。

 

BBクリームを付ける前の基礎化粧品つまり化粧水や乳液を使った時には、1分くらいのハンドプレスで肌を落ち着かせてから次のアイテムを使うようにしてみてください。

 

化粧水→(乳液)→BBクリームと直後に慌てて重ねてしまうと、ヨレたりくずれる原因となります。少しだけほんの少しでいいので余裕を持ってメイクするようにしましょう。

 

また特に夏場は暑いので顔の皮脂油分が邪魔をしてBBクリームがよれやすくなります。そんな時には皮脂を吸着してくれる下地を使ってみてください。

 

たとえばORBIS【スムースマットベース】のようなアイテムです。

 

BBクリーム自体がすでに化粧下地になっているのですが、皮膚の皮脂とBBクリームの間に皮脂吸着の下地をはさむことによってBBクリームが密着して安定しますよ。